読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかトレ。

晴れの国岡山でトレイルランニング始めてみました!

#51 帰宅ラン

雨ニモマケズ、風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ…”

 

 

 

寒さに負けないココロと丈夫なが欲しい今日この頃。。。

 

 

( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・

 

 

 

( ゚ ω ゚ ) ! !

 

" 寒さに負けないココロ" はどうにかなるか!!

 

 

。。てことで、帰宅ランを昨晩決行したわけで。。

 

 

職場から自宅までは12km弱、、夏から秋にかけては何度も走った。

 

慣れた道だ。。

 

 

 

 

 

仕事が終わり、

前回書いた優秀なウェア達に身を委ねる。

 

 

寒さは皆無。。

 

 

ロードシューズに足を入れ紐を結ぶ。

忘れかけていたフルマラソンの記憶が蘇る。

 

 

走れるのか?

 

 

 

仕事場のドアを開け

PETZLのせいで使用回数の減ったLedlenser H7.2の灯りをつける。

満充電されたLedlenser H7.2が眩しい。

" 帰宅ランごときで俺の実力が十分に発揮できるとでも?

そこまでヤワではない。。さっさと走れ。。。"

と、呟いているようだ..

 

 

外は夕方から降り出した雨が、

走り出すのを待っていたかのように小雨へと変わっていく時だった。

帰宅している人々は傘を差している。

ココロを折るには申し分ない天候だ.

しかし、走ると決めたのだ。

 

 

ザックのストラップを止め、グローブをする。。

いざアーバンアウトドアへ!

 

 

 

古き良き街並みが残る石畳の旧道を2kmほど進む。

膝は大丈夫か?ランニングフォームはこんなだったか?

 

 

少し走ると膝に違和感を覚えた、

いや違う。これは久々に走ったからだ。

また少し走ると、足首が痛いような?

いやいや、そんなことはない。

痛くない。気のせいだ。。

そんなことを考えながら進む。。

 

 

 

旧道を抜けると、標高差50mほどの峠に入る。

急ではないが長い登りだ。

横を帰宅を急ぐ車がどんどん過ぎていくなか

対向車輌にはヘッドライトを向けないようにうつむいて黙々と登る。

 

 

 

この頃には雨も上がり、

アスファルトに流れる雨水が

Ledlenser H7.2の元気な光に反射してキラキラ動いているよう、、

" 俺もまだまだいけるだろ?お前もいけるよ!"

と励まされた。

 

 

 

下り終えて、国道を横断し2度目の登りへ。。

どこか膝に違和感がある。。ゴールまではあと5km、、

 

 

 

 

 

明日はみんなとの練習もあるしな。。無理は禁物か。。

 

 

 

 

DNF...

 

 

 

DNF...

 

 

 

 

 

と、スイッチが入りきらない、ココロの折れた帰宅ランを綴ってみましたっっっ! 

(´-ω-`;)ゞポリポリ。。

 

 

 

 

さぁ〜やろう!!

      ↓  ↓  サムい季節だがアツい大会のエントリーも始まっている様子を伺えるブログが見れる!

 にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村