おかトレ。

晴れの国岡山でトレイルランニング始めてみました!

特等席

第3回 ひろしま恐羅漢トレイル

 

Bループに突入!!

 

緩やかな、ハイキングで来たら楽しそうなトレイルを進む。

 

足はダルいが走れないこともない。。

 

手にはバナナを握りしめて先を急ぐ。。

f:id:racinvan-kaze:20180601155108j:plain

 

持って走るのは邪魔だったが、、

固形物がよかった。。

 

気温は上がっているだろうが、

森の中はそこまで暑く感じない。。

 

さて、次の難所はどこだ?

ポケットに手をやりコース図を出そうとした、、

 

 

あ。。(゚Д゚;)

 

 

入れ替えるの忘れた…(´-ω-`;)ゞポリポリ

 

1枚ずつラミネートしてドロップバックに

入れておいたのがまずかったか。。

通過予定時間の目標が。。

 

頑張って走るしかない。。

 

覚えていたのは、

最初のウォータステーションが

12:30だったような。。

10kmもなかったと思うので大丈夫か。。

 

とりあえず頑張ろう!

 

トレイルを抜け、お約束の林道だ。。

バナナを口に運びながら進む。。

 

遮るものがないとなかなか暑いな。。

 

 

アツい。。

 

バナナ、、

モウイラネ…

 

水。。

 

 

( ゚ ω ゚ ) ! !

疲れているのに、、

危険センサーは敏感だ、、

 

ヘビだ。。((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル…

 

どこかで出会うだろうとは思っていたが…

めちゃくちゃ苦手だ。。

 

ジャンプして超えるか、、

いや、、怖い。。

 

遠目からの投石で、

草むらへ消えていってくれた。。

 

バナナを握り直し、

いざ恐羅漢山へ!

 

登山ルートを示す看板に山頂60分と書いてあった。

なかなかの山だな。。

頑張ろう。。

 

登る、、が、足が痛くてペースが上がらない。。

いや痛いのはあたりまえ。。

皆同じだ。。

登れ。。

苦しそうな人を抜いたり、抜かれたり。。

こんなんじゃダメだ。。

 

しかし、5分ほど登っては立ち止まってしまう。。

いかんぞ、、こんなに登れないもんか。。

 

くそっっっ

 

後ろから、元気な足取りで選手が来る。

端により道を譲る。。

『あ!同じ靴ですね!』

ハッと、、見上げて、、

「ホントですね。。」

苦しくてしかめっ面だったかもしれない。。

ここくらいは笑顔で行きたい。。

「ザックも同じですね!」

『あ!ホントだ!!頑張りましょう!!』

 

太陽に照らされ好青年に見えた彼は足早に消えて行った。。

 

 

苦しい時間が続く。。

湧き水からコップで水を汲み首元にかけているおっちゃん。。

そりゃ暑いしキツいよな。。

横目で見ながら追い抜いて上がる。。

 

 

少し上がると、女性ランナーが苦しそうにしていた。。

『胃をやられてキツいんですよね…』

「頑張りましょう!」

 

と声をかけ登る。。

 

少し登ると同じように座っている男性選手も。。

『胃をやられて。。こんなはずじゃなっかたのに。。』

 

 

少し会話をして、登る。。

 

 

 

 

後ろの方から元気な声が近づいて来る。。

 

後ろを振り返ってみると、

アフロランナーのSさんが登って来ている!

『Cループのスイーパーなんですよ!』

『さぁ〜行きましょう!時間的には全然大丈夫ですよ!』

 

と、元気に登っている。。

 

すごい。。

さすがアフロでUTMFを完走するランナーだ。。

 

会話を交わして気を紛らわせてもらいながら登る。。

 

 

ようやく山頂!

Sさんは元気に動画を撮っている。。

 

私もカメラは持っていたのに

Bループに入ってほぼ撮っていなかった。。

 

 

”ここ撮ったらかっこいいかな?

いい景色だな!

とか、思わない?

俺はそう思うから撮るんだ。。

それが気持ちの切り替えになるんだよね。。”

 

トレラン先輩言ってたな。。 

 

 

 

山頂からは、歩行区間が800mほど続く。

Sさんと会話をしながら歩いていく。。

急ぎたいけど、歩くと意外に長い。。

 

ようやく歩行区間が終わった。

恐羅漢山山頂。

 

時計に目をやると、12時くらいだったか。。

 

あと少しとは聞いていたが、

次のエイドまで間に合うのか?

 

不安になって走り出す。。

 

 

ぐんぐん下りを飛ばす!

 

けっこうな下りだ。。

 

滑りそうだが、、関係ない!

 

 こんなところで関門にかかるわけにはいかない。。

 

この日一番の走りじゃないだろうかと思うほど。。

 

こんなに走れる力が残ってたのか。。

 

ちらちら時計に目をやりながら、、

 

 

遠くに声が聞こえる。。

 

あと少し!

 

 

が、あと少しが遠い。。

 

トレイルを抜けロードへ、、

 

少しいくと疲れ切った顔で座り込む選手の姿が目に飛び込む。

 

ウォターステーションへ到着。。

 

関門10分前だった。。

 

出発時刻が制限のはずなので急いで水を補給する。

 

 

屈伸を数回繰り返し5分ほどで出発。。

 

座っていた人の大半はここでリタイヤするようだった。。

 

 

 

さぁ〜2つ目の山だ。

Bループは大きく言えば3つの山を越えればいいのは覚えていた。

あと2つ。。

 

ガレ場の登山道へ分け入っていく。。

 

さっきの下りの勢いはどこえやら、、

やはり登りはキツい。。

 

登りがきついのはあたりまえ。。

この登りはずっと続くわけじゃない。。

 

。。(´・ω・`)

 

俺、ゴールするんだ。。

 

 

さっきのエイドが関門ギリギリ、、

次の関門はメイン会場のあるゴール地点が16:30だと聞いた。。

次のエイドから、最後は何kmあるんだろう、、

携帯で確認しようにも、電波が悪い。。

 

ざっと考えても、次のエイドまで10km弱、、

その次も10km弱、、

 

次のエイドからメイン会場まで2時間はかかるか、、

 

そうするとここから次のエイドまでも2時間、、

いや、2時間以内でいかないとなかなかキツいな。。

 

?。。あってるのか。。

 

苦しいさを紛らわそうと考えるとよくわからなくなる。。

 

とりあえず進め。。

 

さっきのエイドがギリギリだったからもう越されることはないのかな。。?

 

と思っていると、一人のおっちゃんに抜かれた。。

 

 

くぅ、、おっちゃんすごいな、、

少し登ると沢の水をコップで汲んで首からかけてた、、

 

思わず僕も水に手をつける。。

 

「気持ちいいですね」

『コップ使うかい?』

「大丈夫です。ありがとうございます。そう言えば先ほどもかけてましたよね」

『体が暑くてやれんよね。。掛けながら行かんと。。』

 

おっちゃん、、苦しいながらも、いい顔してたな。

 

 

先を急いだ。。

 

 

急いだって言葉に書くほどのスピードではない。。

ゆっくりゆっくり、、

何人か越す。。

 

 

気づけばBループに出てからバナナ数個しか食べていなかった。

 

 

暑いんだか、寒いんだか、、

喉が乾いてんだか、乾いてないのか、、

お腹も空いてないような。。

 

周りの木々が低くなって来る。。

 

頂上だ。。

 

f:id:racinvan-kaze:20180602114234j:plain

スタッフの方にあとは下るだけですかね?と聞くと、、

 

『下りだけじゃないかな、、

下って、登って。下って、登って、、ガーーっと下るかな。。』

 

わかりやすい。。

 

よし!行こう!

14:30にはつきたいしな。。

 

下りはそこまではスピードは出ないが走れないことはない。。

下りで何人か越しては、登りで抜かれるを繰り返す。。

 

アフロSさんが追いついて来た。

『ペーサー来ましたよ〜』

 

先ほどのウォーターステーションまではペーサーで引っ張ってもらって、、いなかったら間に合っていなかったかも。。

ここでも食らいつきたかったが、、

 

 

登りで追いつけず。。

 

 

登りになると立ち止まってしまう。。

苦しい。。

こんなもんか。。

 

 

切り立った下りに出る、、

少し下ると両足太ももが悲鳴を上げ始める。。

 

先ほどまでは下りではそこそこ走れてたのに。。

 

何度か抜いたり、抜かれたりを繰り返して何度かお話をしていた小さな金髪アフロさんに尋ねた。。

 

「どのくらい下るんですかね?」

『あと3kmくらいはあると思うよ。。

この時間だと、次に関門厳しいかもね。。僕は次で、、、』

 

時計に目をやると14:30くらいだったか。。

もうエイドにいないとダメな時間だった。。

( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・

 

急ごう。。

『頑張って!!』

の掛け声をもらって走り始めた。。

 

が、走れん。。

 

フトモモイテェ…(ノω<;)…

 

急な下りでブレーキかけ過ぎなんだろうな。。

今更か。。

 

くそっっっ

 

 

いつまで続くのだ?まだか?

と2、3度思ったか、、

時間的に焦ってるからか。。

 

ようやくロードに出た。。

後ろから同じように下って来たランナーさんと

「ようやく出ましたね、、」と、、

 

走って下りたいが、ガクガクして思うように進めない。。

 

トボトボ歩いていると

苦しそうな顔した選手が前方からやって来た。。

 

?どうした?

 

ロードを1kmほど下るとエイド。。

そこから折り返して向かいの山へ入っていくコースだそうな。。

よく見るとはるか向こうにも選手が見える。。

 

あそこまで行くのか。。

 

。。。

 

Σ(´□` ) ハゥ…

マタ蛇ダ…

 

 

エイドには数名の選手がリタイヤをしていた。。

時刻にして15時。。

あと10km。。1山半。。

残り90分。。

今の足、、いや、今の精神力では無理。。

スイーパーのアフロSさんもかなり前に出たようで。。

 

私はリタイヤを決めた。

 

この時点ではあまりにもできなさ過ぎて悔しさすらなく、

今の実力では到底無理だ。。なと。。

 

 

足の痛みで座ったりもできずに

顔を洗ったりウロウロしていると、

 

首に水をかけてたおっちゃんが頭から水をかぶって

確かな足取りでゴール地点へと向かって行った。。

 

 

 

 

 

ゴール地点へ送ってもらい、

ドロドロになって一番頑張った足元を見ながらボーーーッとする。。

f:id:racinvan-kaze:20180603114806j:plain

椅子に座って受付をしてもらったTさんの帰りを待つ。

 

外にはちょうどBループのラストのゲレンデが見える。。

下から急なロードを上がって来て、ゲレンデも駆け上がるコース。。苦しいながらも、安堵の表情に変わる瞬間が見れる特等席だ。。

 

制限まであと10分。。

 

ガラス一枚隔てて、暑い中激坂で苦しくてでもゴール地点まで頑張って来た選手と、諦めて涼しい場所に座っている自分とは違う次元だ。

なぜ俺はここに座ってるんだ。。

もっとできたんじゃないか?

もっともっと、登れたんじゃないか?

 

うーむ、、、

なかなか酷な特等席に座ったもんだ。。

 

 

 

アツい向こう側から、パッと手を振る人がいた。。

 

え?

だれだ??

( ゚ ω ゚ ) ! !

 

ザックと靴がお揃いの彼だった。。

 

頑張ったんだな。。

 

 

 

ここに座ってちゃダメだ。。

一から出直しだ。。

(´・ω・)。。

 

 

またいい勉強させてもらった。。

 

 

ポチッとお願いします!

 ⇩   ⇩ボケっとしてる暇ないぞっっっガンバローーー!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようこそ。

第3回 ひろしま恐羅漢トレイル

に参加してまいりました!

 

ミドルコース27km

エキスパート63.30km 4220m+

 

f:id:racinvan-kaze:20180531141757j:plain

f:id:racinvan-kaze:20180531141842j:plain

 

Aループ、Bループ、Cループと各ループごとにスタート地点に戻って来るスタイルレースです!

さらに今年のエキスパートコースは、
2018スカイランニング日本選手権:ウルトラ(ULTRA)
2018スカイランニング地域選手権:中四国選手権
の指定大会になっているようで有名選手の方もちらほら。。。

 

諸事情あってレース開催5週間前のエントリー。。

なかなか心の準備も体の準備もバタバタしながら、

先週に引き続き2週連続ってのも初めての経験でした!

まぁ〜何いうてもたくさんの人と一緒に走るってのは楽しいもんです!

 

恐羅漢山の麓のゲレンデを中心としたレース。

雪山滑走活動を頻繁に行っていた頃、

このゲレンデは来たことがない。。

周りは何度も来ていたが、、

 

”道が急でなかなか怖いよ。。”

 

と、聞いていたから。。

そこを車じゃなく足で走るのか。。

人生わからんもんだな。。(*`▽´*)ウヒョヒョ…

 

仲間内でも第一回、第二回と出た人がいるので傾向と対策を聞いて自分なりに予定をたてた気になっていた。。

 

”周りのペースに惑わされず、自分のペースで!”

”Aループはゆっくり目でね、、足残しといて!”

”ループで帰って来るから、安心できる部分と気を抜いてしまう部分があるからしっかりと!”

”ドロップバックに必要な物入れとかないとダメですよ!”

 

仲間の助言を参考に、

レースのシュミレーションを脳内で繰り返した。

通過予定時間も完走目安でコース図にしっかりと書き込み、”各エイドではストレッチと水の確認。”

Bループ入る前には

”ジェル、水を増やすか確認” 等々細々書き込み準備した。

初ドロップバックにドキドキしながら準備もして

煩悩の数だけ荷物は膨れ上がり。。

 

当日を迎えるであった。。

 

スタート時間は5:00。

4:45からスタートセレモニーがある。

 

受付は前日だったのだが、

仲間内で参加するTさんに無理言って

前日受付をしてもらっていた。ありがたい。。

 

前夜、20時には寝ようと思いながら、、

21時頃に寝たような。。

気づくと23:40。。

ゴロゴロしながら24時を迎えた。

予定どうり。。

歳をとったせいか予定どうりの時間より早く目が覚める。

 

深夜の高速は走りやすい。。

色々なことをかんがえていたらあっという間に到着した。

 

駐車場は結構な賑わいをみせ、

昨晩から車中泊をされていた方々が準備をしていた。

一息ついてトイレに並んだ。

少し前にこの春から地元でプロランナーとして活動しているKくんの姿が見える。

出て来た時に軽く挨拶を交わした。。

 

ふ〜緊張。。

は、しないか、、

頭の中はいいイメージしかない。。

 

駐車場からはバスでスタート地点へ運んでもらう。

ゼッケンも受け取ってなかったので早めに向かった。

 

会場はゲレンデなので、

ゲレンデハウスも2箇所ほど解放され、

待つには申し分ない。。

トイレもこちらはそこまで混んではいない。

 

椅子の上に荷物を置き、

ゼッケンを受けとろうとTさんに連絡した。

こちらに向かっているとのことで座って待っていると、

山での練習や大会で何度か顔を合わせたことのある

Hさんがいてしばし話し込む。。

Hさんは初めてのロングで何とか完走したいと、、

私と同じ境遇なことを初めて知った。。

ずっと、すごく走れる方だと思っていた。。

お互いに頑張りましょう!

 

Tさんからゼッケンを受け取り、

ドロップバックを所定の場所に預けに行く途中

顔見知りの方々に会って挨拶をさせてもらった。

 

同じ山で練習されてて、大きな大会で年代別で上位に入るような超速ランナーHさん。練習姿を見かけてもあっという間に見えなくなるのでスタート前に会えてよかった。。

この日もう会うことはないだろうし。。

彡(´∀`;●)彡 ヒューヒュー

いつ会っても感じの良い人だ。。

見習いたいものだ。。

 

昨年のこのレースで30位くらいでゴールしていたFくん。。先日のSTYでもいいタイムで走ってた。。

全然速くないですよ、、と謙遜するけど、、

いや、普通に速いぜ。。( ´∀`)…

 

そうこうしているとスタート5分前。。

 

f:id:racinvan-kaze:20180531142932j:plain

 

緊張する時間だ。。

気づくと中程にいたかな、、

周りは速そうな人ばかりだ。。

後ろ寄りからスタートする予定だったはずだろ。。

 

そんなことも忘れている。。

 

スタート!!

 

ロングレースだからか、、

ユルっとスタート。。

いや先頭は飛ばしてるんだろな。。

 

ゲレンデ沿いの道を少し下ってからの、

登り返してメイン会場を通ってトレイルへ!

飛ばさないように、走りたい気持ちもあったがゆっくりと。。

 

まずは、16km先のエイドまで。。

気持ちの良いトレイルを登って行く。。

走りやすい。。

 

Yくんが言ってたな、、

走りやすいからってガンガン行くと後から大変ですよと。。

確かに走りやすい。。

 

少し登って、下り。。

いい下りだ。。

”わーーーーーっ”て行きたくなるのを抑えつつ淡々と下る。

あまり好きではない林道に出た、、

距離が長くなると林道は仕方がない、、

つきものだ。。

登りは歩いて平坦はゆっくりでも走る。。

気温はスタート時は半袖短パンだとやや寒かったが、一つ目のピークを迎える頃にはいい気温になっていた。。

むしろ暑いくらい。。

 

 

16km地点のエイドまで水がもつかな・・

 

 

今回はハイドレーションは持たず、

ボトルのみで参加していた。。

ボトルって言っても、600ml×2本だからそこそこ量はある。。と、思っていたが、、

このまま昼を過ぎるとキツいかもな、、

次のループでは水を増やした方がいいか、、

 

とか、考えながら進むと2つ目のピークに、、

 

f:id:racinvan-kaze:20180531175744j:plain

 

f:id:racinvan-kaze:20180531175841j:plain

景色が綺麗だ!!

もっと撮ればよかった。。

軽くストレッチをして先を急ぐ!

 

下り切るとロードに出た。。

 

ここにきてロードか。。

(゚Д゚;)。。

萎える心を励ましながら、2kmほど進むと最初のエイドステーション到着!

自分の予定より15分遅れていた。

急いでスポーツドリンクをボトルいっぱいに入れる。

ここまで、ジェルを2つほど摂っただけでお腹が空いていたのでバナナを2切れいただき急いで再スタート。。

 

 

手持ちのコースマップにはストレッチ、水の確認と書かれていたが。。

 

 

今から思えば、少し落ち着いてストレッチでもしてもっとバナナでも食べて再スタートを切ればよかったのになと、、

 

 

先週のダメージが少し残ってるのか、、

右太ももに違和感があった。。

なんてひ弱な太ももちゃんだ。。

 

痛さはいつか必ず来るもんだ。。

それなしでゴールはない。。

痛くなって当たり前、と言われたな。。

 

 

”ようこそ足痛ちゃん!

お待ちしてましたよ!”

 

 

そんな思いで走らんとな。。

 

 

そこからは緩く登る林道。。

歩きたくなる。。

いやダメだ。。

走れ。。

途中に道を覆う大きな水溜り。。

端っこをヒョイっと、、、

泥に足が埋まる。。

靴内に浸水。。

通り過ぎると、

スタッフのおっちゃんが次の選手に。。

真ん中通ったら大丈夫よぉ〜、、、と、、

(ノω<;)…おっちゃん…オレニモオシエテクレ。。

 

 

 

ようやく林道が終わると少しトレイルを走り、、

アスファルトの登り道へ。。

いわゆる峠です。。

少し登るとすごい下り。。

いや〜下るなぁ。。

下るってことは、登るなぁ。。

 

 

しかし、下るなぁ〜

ウォータステーション到着!

ここは予定どうりの時間になっていた。

水をいただき先を急いだ。。

 

また、ストレッチもせず。。

 

林道からすぐにトレイルへ、、

沢沿いの涼しくて気持ちの良いトレイルを進む。

 

スタッフの方がちらほら立っている。。

今まではあまりいなかったのに。。

 

それはすぐにわかった。。

 

沢渡りや、丸太渡りの連続。。

 

こけてドボンしそう。。

 

疲れた足にはなかなかキツい。。

濡れた丸太は怖い。。

 

この辺りに来ると前後に選手もなかなか見えなくて、、

 

コースもわからなくて目を凝らしてテープを探しつつ、、

沢を越え、岩場を超え、、ロープを使って岩場を下り。。

滑りそうな細道を抜け。。。。

 

コースとしてはかなり楽しい。。

足がしっかりしていればの話。。

 

 

こんなことで残り40km行けるのか?

 

 

ようやく抜けると、会場近くのキャンプサイトに出た。。

 

綺麗に整備されてて気持ちの良いキャンプサイト

ハイキングコースがいくつもあって。。

 

周りをキョロキョロしながら前の選手について走っていたら。。

コースロストしかけてみたり。。

 

登り切ると、スタート地点の声が聞こえてきた。。

 

ようやく帰ってこれた。。

予定より15分遅れ。。

 

ゲート前に超速ランナーHさんの奥様が観戦されてて、

Hさんは順調に行かれました?と聞こうとしたのを、、

さぞかしキツかったのか、、

何分前に行かれたんですか?と聞いてしまい。。

ずいぶん前に行きましたよ。。と苦笑い。。

そりゃそうだ。。

シ──(-ω-)(-ω-)(-ω-)──ン

 

 

 

お腹すいた。。。

ジェルが欲しくなく固形物が欲しかった。。

エイドでおにぎりを食べ、

持参した袋にバナナを少しいただいた。。

 

 

大会を開催した時にも協力をしてもらった、地元ではなかなかの有名人?!デカいアフロでUTMFを完走したSさんに声をかけていただき会話を交わす。。

”次のループさえクリアすればその次は時間的には楽だから頑張って!ここであまりゆっくりしてたら時間なくなるよ〜”

 

 

 

ドロップバックで荷物の入れ替え作業。。

 

ジェルを持ち、固形物のカロリーメイトを入れ。。。

 

やはり気持ちも焦っていたのか。。

 

とりあえず出発!!

 

ストレッチもせず。。

(ノω<;)

 

 

 

ポチッとお願いします!押していただけるとやる気出ます!

 ⇩   ⇩

 にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

第26回 比婆国際スカイラン

第26回 比婆国際スカイラン

距離18.5km 獲得標高1000mくらい?

昨年に引き続き参加してまいりました!

f:id:racinvan-kaze:20180522162907j:plain

写真の構図も昨年と同じ*1

 

雨が多い大会らしいですが、

昨年同様最高の天気です!

f:id:racinvan-kaze:20180522163048j:plain

前々日が雨だったこともあり、

見た目以上に寒かったですかね。。

走るぶんにはちょうどいい感じ!!

このゲレンデを少し登ってから、下って行くコース!

下ってキャンプサイトを駆け抜けるのですが、

昨年は砂埃が凄かたんですが、今年は問題無し。。

やや湿っている感じ。。

 

f:id:racinvan-kaze:20180522163603j:plain

 

スタートから1kmほどから始まるブナ林のつづら折れが距離が長くスタート直後で体も温まってないからキツい。。が、、景色は綺麗。。

今年は、来週もレースを控えているので抑えて抑えて、、

周りの景色を楽しみつつ、、

昨年は、何も考えずにガツガツしてたのであまり周りを見ていなかったですが、、

本当に綺麗です!!

またゆっくり歩きにきたいですね!!

スタート直後ってのもありプチ渋滞&前に出たい人でわやわやしてて写真もなかなか撮れません。。(´・ω・`)…

一つ目のピークを超えて、少し下るのですが雨の影響でぬかるんでいたり木の根が滑りやすかったりで、、

こける人、滑る人満載。。

靴の選択間違えたかな、、

とか思いながら慎重に捻挫だけはしないように下る。

 

f:id:racinvan-kaze:20180522171135j:plain

f:id:racinvan-kaze:20180522172137j:plain

二つ目のピークを迎えたあたりから間隔も空き始めて写真を撮る余裕も、、

向こうに大山(中国地方最高峰)見えますよ〜とスタッフの方に言われて撮ってみるも、、どれがそうだかわからなかった。。彡(´∀`;●)彡 ヒューヒュー

 

下ると給水ポイント!

18.5kmのレースにしては給水が4箇所と充実しています!

地元の山岳会主催というのもあるだろうし、

26回という歴史もあり、過去には鏑木さんの優勝もある。。

給水ポイントのおっちゃん、おばちゃん、、

いや、、( ゚ ω ゚ ) ! !

お兄さん、お姉さん方の声援や声かけが嬉しいですね!

慣れもあるだろうが、すごくスムーズで補給がしやすい!

 

給水出てからの登りがこのコースで一番好きかなぁ。。

f:id:racinvan-kaze:20180523155644j:plain

f:id:racinvan-kaze:20180523155748j:plain

いい雰囲気の中を登っていけます。。

 

登り切ると、第二給水所になってます。。

 

ここのイチゴが美味しいんです!

今年は昨年よりも甘くて美味しかった!

 

山頂なのに水も頭からかけてもらえます。。

どうやって運ぶんだろ。。ヽ(゚Д゚;)ノ…

 

下りはしっかりと走って、登りはリズムよく歩くことを心がけて、、

 

来週につながるように。。

 

f:id:racinvan-kaze:20180523160705j:plain

ここも綺麗なポイント!

このレースでの最高峰かな?

遠くに見える稜線を登りたいところですが、、

その手前を下る。。。(゚Д゚;)。。

 

そのあとはアスファルトのロードを1kmほど登って、

下るだけ!

 

このあたりに来ると、足を攣っている方やコケている方がちらほら、、

声をかけながらかけおりる!

 

しっかりと最後まで足が動く!

昨年はキツかった覚えがあるが、、

少しは成長できてるのかな。。

 

f:id:racinvan-kaze:20180523164243j:plain

 

ゲレンデを駆け上ってゴール!

 

天気もいいし、気温もそこまで上がらず楽しく走れました!

 

スタッフの方達の人の良さがよく伝わるいいレースです。

 

来年も予定が合えば是非参加したい!!

 

 

 

ポチッとお願いします!

 ⇩   ⇩週末の天気が気になる。。雨は嫌だな。。(ノω<;)

 にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

*1:´∀`*

好み

( ゚д゚)ノコンニチワ!!

 

各地で色々な大会が目白押し!

 

私も今週末、来週と参加予定です!

 

今週は

 

”比婆国際スカイラン”

 

昨年初めて一人で参加した大会です。

(*´σー`)エヘヘ…

racinvan-kaze.hateblo.jp

 

 

今年も参加します!

*1

 

 

レースシーズン到来ってことで、

そこで考えたのが水分の補給方法。。

 

今回のレースは18.5kmとショートレース。

5kmごとくらいに給水もあるので、

少量持っておけばいい。。

 

今、自分が持っているのが、、

 

2Lのハイドレーション

f:id:racinvan-kaze:20180518142951j:plain

 

と3種類のソフトフラスク

f:id:racinvan-kaze:20180518143011j:plain

蓋も大きく、そこもハードになっていて飲みやすい。

初めて買ったソフトフラスクだ。

 

f:id:racinvan-kaze:20180518143158j:plain

ザックについてたもの。

上のよりは安価な作りで蓋は小さくて良いが

そのぶん洗いにくい。飲むのに少々難点がある。。

 

f:id:racinvan-kaze:20180518143757j:plain

これもザックについていたもの。。

セミハードな感じ。。容量は一番多く入る。。

 

 

ハイドレーションはトレイルランニングをする前から馴染みはあったが、ソフトフラスクはトレイルランニングならではのように思う。。

 

始めたばかりの頃、周りの人たちが使っているのをみてかっこよく見えた。。懐かしい。。

 

しかし、慣れてくるとだ、、

使いにくい部分も出てはくる。。

 

水が満タンだとさほど気にはならないが、

蓋や底の部分がかたくなっているので、

少し飲むと、クタッとなって、、

安定せずに、、

胸元のポケットの中であばれる君。。

そして、敏感な乳首を責めてくる。。

(゚Д゚)アラヤダ!

 

もちろんザックのポケットの位置関係もあるだろう。。

 

上から2つ目のものはそれにプラスして、

少し飲むと、底もフニャッてるので

ポケットにすべて飲み込まれて宝探し状態です。

 

あとソフトなタイプは飲み易いのは素晴らしいですが、

私のような惰弱な輩は飲み過ぎてしまう。。(;´Д`A “

 

一気にブシュー、、、とね、、

 

あと、継ぎ足し、、補給の時に焦るとこぼす。。

彡(´∀`;●)彡 ヒューヒュー

 

その点セミハードは、飲み易くはないけど、、

攻撃はしてこない。。

いや大きいから袋内で密着してて動きにくいのが正解か。。

 

飲みすぎることもない。。

飲みにくいから。。

補給もし易い。。

一番いいんじゃね?

っと思うけど。。

 

重い。。デカい。。

走っているとポチャポチャうるさい。。

(´・ω・`)。。

 

 

それぞれ好みですね。。

 

 

結果として好きなの使え、、と、、

( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・

 

 

ショートレースはソフトかなぁ〜

 

 

と考えるのもまた楽し。。。

 

 

ポチッとお願いします!

 ⇩    ⇩毎日暑い。暑い。。暑い。。。レース楽しもう!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 

 

 

 

 

 

 

*1:´∀`*

羨ましい。。

f:id:racinvan-kaze:20180508141854j:plain

STY&UTMFも無事?終わり。。

完走された方のブログ読んだり、

FBに上がってくる動画見たり、

周りで走った方の話を聞いたり。。

 

 

間違いなく日本で盛り上がっているBigレースの一つである。

 トレイルランニングをしていると

出てみたくなるのは当然。

 

 

出れない私は

当日は、LiveTrail®︎を睨めっこ。。(*`▽´*)ウヒョヒョ…

 トップ選手から、知り合いまで網羅しつつ。。

エールを送る!(*´σー`)エヘヘ

 

 

公式FacebookでのLive動画も凄かったですね。。

エイドに入ってくるトップ通過選手をみたりしてね。。

興奮します!( ゚ ω ゚ ) ! !

 

 

 

もちろんみなさんご存知だとは思いますが、、

 

 

 

 

 

いろいろ最新鋭の見せ方がある中

なかでも、⇩のfinisher Movieはヤバい。。 

.finisher サンプルムービー ver. 1.3(UTMF 2018) from RUNNET channel on Vimeo.

 

(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!

自分が主役やん。。

 

 

この完走証が欲しいぜ。。

 曲もたまらん。。

羨ましい。。

羨ましすぎる。。

(;゚д゚)アッ….

 

 

 

ぜひいつか自分が出た時、、

出れるんか?

 

 

これを継続してて欲しいなと。。

Σ(´□` ) ハゥ…

 

 

 

今の私には、UTMFはおろかSTYでさえ果てしない距離である。。

 

 

 

長い時間、長い距離を動いていて、、

嫌になってくる。。

歩きたくなってくる。。

 

 

トレラン先輩に聞いたことがある。。

嫌にならないんですか?と。。

 

 

”風が気持ちいいなぁ〜とか

この景色写真に撮っておこう!”

 

 

とか、考えたりはしないの?

俺はそんな風に考えてるよ!

 

 

と、、

( ゚ ω ゚ ) ! !

 

こういうのはどんどん取り入れて

真似していかないとな。。

ロングレースなんか到底無理だ。。

ヽ(゚Д゚;)ノ!!

 

 

 

休み毎の雨予報にゲンナリします。ポチッとお願いします!

  ⇩    ⇩

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ!

みなさんの奥三河のブログを読んでます。

 

四谷千枚田あたりが勝負のポイントなんですかねぇ〜

練習をしているメンバーはここでリタイヤしたと言ってました。。

走れる方なのにリタイヤとはさぞキツかったんだろうと。。気温も高かったようですしね。。

 

ブログ書かれている方もキツそうな感想が多い。。

出たことはないですが、読んでいるだけでその辛さや、

永遠に登っているような感覚がなんとなくわかってきますねぇ、、はぁ、、自分じゃなくて良かった。。

やはり人の辛いのは読んでるくらいが楽しいですね、、、(*`▽´*)ウヒョヒョ…

 

と、奥三河のブログがラストを迎える前に、、

 

恐らくは日本最大のイベントであろう。。

 

UTMF&STYが始まりますね!

 

日程の取り方もすごい!

金曜スタート!

まぁ〜100mileなのでそりゃそうか、、

 

知り合いも今日旅立って行きました!

頑張って欲しいもんです!!

 

しかし、自分が出るとなると、、

木、金、土、、日。。

 

どえらい休みとらないと、、ァレマッ(ノд`;)…

 

はっっっ( ゚ ω ゚ ) ! !

 

出れなかった、、わ、、

そんなシュミレーションいらなかった。。

ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ン!!

 

UTMF、、

いや、STYくらいはいつかでてみたいもんですな!

 

頑張ろう!!

 

 

三河出られた方々お疲れ様でした。。

ブログ楽しく見させていただいてますよ。。

 

 

UTMF & STY

出られる方々、私の分まで楽しんでください!!

 

ガンバレーーーーー!!( ´∀`)!!

 

 

ポチッとお願いします!!

 ⇩   ⇩٩( ´◡` )( ´◡` )۶ファイト!!

 にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

 

 

 

春。浮ついた心。。

あれだけ賑わった桜もどこ吹く風、、

あっという間に消えて無くなり。。

 

ツツジのトンネルを楽しみながら

里山を走ろうとすれば、

日を追うごとに

元気のいい草木が生い茂り

踏み跡が消え、足元に痒さを覚えます。

 

浮ついた心からくる

気の抜け具合で体調を崩し、

こちらは歳を追うごとに

治りにくさが露呈しています。

 

 

 ”元気にされていますでしょうか?”

 

 

違うトレイルを知ると、

今までのトレイルの良さもわかる。

 

一つの所ばかりを突き詰めてもいいけど、

慣れてしまってはよくないこともある。。

 

 

 

 

 

”patagonia”

セールというのを年末だったかに聞いてて、

買ってみたんですよ。。

 

とりあえずね、、

 

短パンとTシャツ。。

f:id:racinvan-kaze:20180419162700j:plain

言わずと知れた、

ナイン・トレイルズ・ショーツ

リサイクル・ポリエステル91%/ポリウレタン9%混紡の丈夫なストレッチ織り素材 シェル素材はDWR(耐久性撥水)加工済み 吸湿発散性を備えた軽量なポリエステルのボクサーブリーフ型ライナーは肌との摩擦を防ぎ、サポート力を提供。ポリジン永続的防臭加工済み ウエストはドローコードでフィットを調節可能 大型ジッパー式フロントポケットが2つと、後部右側に携帯電話を収納できる大きさのジッパー式ポケット付き 小さく収納可能な軽量な素材 左裾と後部に反射性ロゴ入り  メーカーサイトより

 

これがなんとまー

履きやすい!

丈はやや長めなんですが普段着としても履けそう。

何と言ってもインナーが秀悦!

いや、これは好みがあるか、、

キツすぎず、緩すぎず、、

ソフトで優しい。。

 

これはイイ!!

 

Tシャツも、同じシリーズで

f:id:racinvan-kaze:20180419170856j:plain

ナイン・トレイルズ・シャツ

コットンのような肌触りながらテクニカルな機能を備えたポリジン永続的防臭加工済みのヘザー仕上げのポリエステル・ジャージー素材 吸湿発散性を備え、締めつけ感のない快適なジャージーニットのクルーネック 脇の下に肌が擦れないまちを施し、幅広い動きに対応する快適なセットイン型の袖 吊り下げて乾かすのに便利なループ付き 襟ぐりにタグを使用していないので肌触りが快適 左胸と首の後ろ側中央に反射性ロゴ入り メーカーサイトより

 

無地Tであまり本格的ではない感じが

今年の気分なので、もってこいです!

 

触りごごち最高!コットンのようです!

大量の汗をかくとどんなもんか、、

そこまで大汗をかいてないのでまた後ほど、、

 

”patagonia”

はサイズ選びがなかなかに難しい、、

と、よく聞いていたのでかなり慎重になりましたね、、

おおかた日本のサイズよりワンサイズ下で合いました。。

今年はオーバーサイズで着るのもイイかもなーと、

日本と同じサイズで頼んだら。。

 

レギュラーフィットモデルに関していうと

やや大きすぎたな?。。くらい。。

スリムフィットモデルだと

ちょうどいいくらいのオーバーサイズ!

 

パタゴニアは、

サイズとモデルごとにフィットが分かれていますね。。

ナイン・トレイルズ・シャツならスリムフィット。

動きやすさを考えているのかな?

 

 

スリムフィットで日本と同じサイズで頼むと

イイ感じのオーバーサイズでしたね!

 

 

けして、ダブついたお腹周りを

隠そうとしているわけでは。。

( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・

 

なんかこう、、

ピタッとが慣れない。。

だけさ、、 

シ──(-ω-)(-ω-)(-ω-)──ン

 

 

春なのでね、、

TNFからpatagoniaに

フワフワしてみたお話でした( ´∀`)…

 

ガチッと走るぞっっっ!

的なウェアもいいですけどね、、

ユルめな感じもね、、イイ。。

見た目も気にして走りたいもんです!

 

 

早く体調良くなってくれ。。ポチッとお願いします!

⇩   ⇩ウェアでタイムは変わりませんが、気分は上がります。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村